【実録】クレジットカード現金化で死ぬほど後悔したという体験談

クレカ現金化はカード会社の利用規約違反って本当?

time 2018/11/20

クレカ現金化はカード会社の利用規約違反って本当?

昨今ではクレジットカード現金化によって即日たったの数十分で現金が入手できるようになりました。

グレーなサービスであるとも言われていますが需要があるため利用者が後を絶ちません。

利用者数が減らない理由としまして対策次第で安全に利用できるのです。

こちらの記事ではカードが利用停止にならないための具体策を紹介します。

クレカ現金化は利用規約違反?

クレカ現金化は利用規約違反?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、ショッピング枠を現金化する行為はカード会社で禁止されています。

そのため規約違反としてカードが利用停止となる可能性があるのです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がついていますがカード現金化で利用するのはショッピング枠となります。

なぜカード現金化が利用規約違反なのかを簡単にご説明しますと、ショッピング枠を利用する際にはキャッシングと枠と同様、カード会社で一時的に数ヶ月~数年ほどの期間立て替えてもらって買い物を行いますよね。

その枠を現金化されるのは銀行側からすると困るというワケですね。

銀行との信用問題を壊してしまう行為のためカード現金化の行為がバレてしまうと利用停止になってしまいます。

現金化がバレたら具体的にどうなるの?

クレジットカードの現金化がバレた場合、以下のことが考えられます。

  • カードの利用停止
  • カード会社の会員資格はく奪
  • 利用額の一括請求

このようなリスクがあるのにナゼ利用するのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、昨今の現金化業者ではバレやすい商品を提案することがまずありませんのでバレることは殆どありえません。

換金性の高い物はキケンですので注意が必要です。

バレやすい商品

(バレやすい商品の例)

  • 新幹線の回数券
  • 商品券
  • ブランド品

悪質な現金化業者では扱っている可能性もありますので上記の商品を薦めてくるような業者はやめておいた方がいいでしょう。

クレカ現金化を安全に利用するには?

クレカ現金化を安全に利用するには?

まずは、クレジットカード現金化を安全に利用する方法をお話していきます。

ご利用を検討されている方はこちらのポイントを抑えておきましょう。

  • バレにくい商品を購入する
  • 優良現金化業者を利用する

上記でもお話した通り、昨今の現金化業者ではバレにくい商品を扱っている場合が殆どです。

自分たちの目先の利益ばかりを考えて利用者の安全を考慮しない悪質業者も存在しており、そのような業者は対応が悪かったり換金率を誤魔化してきたりなどの行為が報告されています。

そのため、優良店を見極める必要があります。

優良現金化業者を見極めるには?

優良現金化業者を見極めるには?

利用者の安全をシッカリと考えてくれている業者を選ぶことが重要となります。

対応の良さ・入金スピード・換金率の高さが優良店の特徴として挙げられるポイントですので、口コミサイトや比較サイトなどで調べ、実際に問い合わせてみることが一番の近道です。

幾つかの業者を比較してみるのも一つの手でしょう。

まとめ

まとめ

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反であることが分かりました。

利用規約を違反することでカードの利用停止や利用額の一括請求のペナルティーがあるため、クレジットカード現金化を利用する際には充分な注意が必要でしょう。

一方でスマホやパソコンで簡単に即日10分~30分程度で現金を用立てできる利便性の高い方法でもあるため利用者数はむしろ増加の一途を辿っているのです。

ご利用を検討されている方は優良店での現金化をオススメいたします。

down

コメントする