【実録】クレジットカード現金化で死ぬほど後悔したという体験談

クレジットカード現金化したら多重債務に陥る?借金まみれにならないためには?

time 2018/11/21

クレジットカード現金化したら多重債務に陥る?借金まみれにならないためには?

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を即日で現金化に変えるという金策です。

即日数十分で現金を用立てできることもあり「すぐにでも現金が必要」という方には利便性の高い方法と言えるでしょう。

また、クレジットカード現金化ではカードを持っているだけで利用できるため審査や収入証明を提示する必要がありません。

このようなことからも「金融機関で借入れをしたくない・借入れができない」という方も多く利用している方法でもあります。

利用するのは簡単でも、その先には多重債務に陥る可能性が無きにしも非ずなのです。

この記事では、クレジットカード現金化を利用することで多重債務に陥る可能性についてご説明していきます。

高額の利用を検討している方は要注意

高額の利用を検討している方は要注意

クレジットカード現金化を利用する理由は人それぞれです。

  • 家賃や生活費が少し足りない
  • 結婚式のご祝儀が包めない
  • 急な入用で数万円だけ欲しい

以上のことなどが考えられますね。

利用する用途によって違いがあると思いますが数万円程度、多くても2~30万円程の利用が多いのではないでしょうか?

このような場合は返済計画が立てやすいですから大きい問題はないでしょう。

しかし、高額の利用を目的としていて尚且つ返済計画が立てられない場合にはオススメできません。

クレジットカードの現金化もカード会社に借入れしているようなものだからです。

カード現金化も借入れと変わらない

カード現金化も借入れと変わらない

カンタンに即日で現金が用立てできるからといっても、現金が沸いて出てくるワケではありません。

クレジットカード現金化をすると返済先がカード会社になるだけです。

分割で支払いをしても高額な利用をすると金利手数料も上乗せされるため、多重債務になってしまう可能性があります。

そのため、クレジットカード現金化の利用の仕方次第では多重債務になってしまう可能性があるのです。

また、利用額が高いと換金する商品もカード会社にバレやすくなりますので注意が必要となります。

詳細はこちらからどうぞ。

クレカ現金化はカード会社の利用規約違反って本当?

返済計画を立ててから利用すべき

返済計画を立ててから利用すべき

上記にもありますが、即日で現金が手に入るからといってもカード会社に残金を支払っていくことに変わりはありません。

「借金を返済するために利用する」というお考えは少しリスキーであるといえるでしょう。

もしクレジットカード現金化をご検討の方は返済計画を立ててからの利用をオススメいたします。

ショッピング枠を持っているだけで気軽に現金を用立てることが可能ですので返済計画のできる利用額であれば現金化するのも1つの手でしょう。

計画的にお使いくださいませ。

まとめ

まとめ

クレジットカード現金化では、利用方法を間違えるとカード会社への支払いと金利手数料で頭が回らなくなり、多重債務がを負うことになる可能性もあります。

そうならないためには利用額の見積もりを見直すことやシッカリとした返済計画を立てることが重要であるといえますね。

【実録】クレジットカード現金化で死ぬほど後悔したという体験談』ではそ他の体験談も掲載しております。

クレジットカード現金化の利用をご検討されている方は是非ご覧くださいませ。

down

コメントする